はうすプロジェクト

心がときめく暮らし方をシェアします。。。

イタリアのアルベルゴ・ディフーゾに行ってみた!〜イルカントデルマッジョ編②〜

前回はイタリアのトスカーナ州のアルベルゴ・ディフーゾ、イル・カント・デル・マッジョ( "Il Canto del Maggio" )について、

・基本情報

・場所

についてお伝えしました。

今日は

Il Canto del Maggioに滞在中の

  • 宿泊
  • 食事

についてご紹介したいと思います。

Il Canto del Maggioではどんなことができるの?

宿泊

f:id:focal-point:20200330110617p:plain

Canto al Soleの部屋 出典:ホテルウェブサイトより 一棟2名朝食付きで各部屋130€(¥15,000)です。一人¥8000足らずでこんな素敵な部屋に泊まれるなんて!

宿泊部屋はすべて独立しており、6棟あります。それぞれに

  • Bellina (かわいい女の子)
  • Canto al Sole (太陽の歌)
  • Cecilia (女性の名前)
  • Corbezzolo(セイヨウヤマモモの木)
  • La Castellana(女城主)
  • Lilla(ライラック

 

という可愛い名前がついています!

どの部屋を選ぼうか…わくわくしますね☺️

食事①朝食

食事は、朝食が宿泊料金に含まれています。

朝食はオーナーのSimonaが作ったこだわりの甘い焼き菓子が、ガーデンテラスにずらっと並んでいます。

f:id:focal-point:20200330111958j:plain

ある日の朝食。クロスタータやマフィン、クッキーや人参のケーキといった美味しい焼き菓子がずらっと並んでいます。オーナーのSimonaは製菓学校でおかし作りを学んだこともあるということで、こだわりの材料を使用したとても美味しいお菓子を作ります。この日は加えて、メロンやさくらんぼ、生ハムやチーズといったものも並んでいました😋

甘いものが好きな方、自信を持ってオススメします!

見晴らしのいいテラスで、朝から天国気分が味わえます。

 

ちなみに

イタリアでは、朝食の定番は甘いお菓子とカプチーノです。

カプチーノは朝、胃に何も入っていない状態にミルクでまくを張るように飲むんだとか…一度バールでおやつの時間に頼んだら、バールのお兄さんに苦笑いされてしまいました)

 

 食事②夕食

*現在の夕食の提供については、宿の公式web siteをご自身で確認されるようお願いいたします

2017年夏現在、夕食はオプショナル(35€/一人)でプールサイドに併設された外のレストランで提供されていました。

 

実は、私が訪れた2017年はちょうどオステリアでの食事提供からプールサイドでの夕食提供に切り替わる年でした。

f:id:focal-point:20200330114019j:plain

夕食が始まる19:30はこんなに明るいんです。だいたいその時間からアペリテーィヴォ(食事の前に軽くお酒とおつまみを楽しむこと)が始まり、食事がスタートするのは20時をすぎることが多かったです。

f:id:focal-point:20200330114250j:plain

食事はビッフェスタイルで、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェ全てボリュームがしっかりありました。好きな量を切り分けてくれています。

 

Il Canto del Maggioがオープンして以来30年間、宿に併設されたオステリア(Osteria=地元の食堂 という意味)が家族で経営されており、現オーナーのSimonaのお父さんであるマウロさんがシェフとしてトスカーナ地方の伝統料理を提供していました。

 

その頃10年にわたってマウロさんの右腕として働いていたのは日本人の料理人の方で、今はIl Canto del Maggioの名前を受けて京都でオステリアを開いているのだとか。

いつか行ってみたいです!

 

今後は規模を縮小して宿泊者限定でのpizzeria(ピッツェリア:ピザと簡単な食事のみを提供するレストラン)にするかも…と、シモーナ。

 

今日はここまで、

Il Canto del Maggioでの滞在中の

  • 宿泊
  • 食事

についてご紹介しました!

次回は

Il Canto del Maggioの滞在中にどんなことができるの?

の中から

  • プール
  • 料理教室
  • 畑と動物
  • 結婚式

を見ていきたいと思います!

それでは🤗